NEWS

ニュース

第3回ベーシック・レポート・アワード開催のお知らせ

第3回ベーシック・レポート・アワード開催のお知らせ

市場の短期志向化、手数料の透明化、人工知能を使った分析の普及などによりアナリストの存在意義が改めて問われています。私たちは長期視点で、事業や組織に対する独自の切り口を持ち、セクターや国境を越えた比較が行われるベーシック・レポートこそ「インベストメント・チェーンの高度化」に向けてこれからのアナリストに求められるレポートだと考えています。
しかしながら売買高を重視する既存の手数料体系、四半期決算のフォローに追われるアナリストの働き方を鑑みると、こうしたレポートに注力することが難しいのも事実です。そこで私たちはアナリストのベーシック・レポート作成を後押しするとともに、企業・投資家・証券会社のこれらレポートに対する評価を促すため、優れたベーシック・レポートを表彰する「ベーシック・レポート・アワード」を設立し、年に一度カンファレンスを開催しています。

試行錯誤ではありますが、皆さまのご参加、応援、関係者の方々へのシェアをお願いできればと願います。

現役アナリストの方はもちろん、経営者、IR担当者、投資家、ガバナンス関係者やアナリストを目指す学生の方々、みなさまのご参加をお待ちしております。

~お申し込みはこちら~
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdUvoyoVio88EN09YBb9TRt6Km8CYF9zG_HzACwiEDR-xwLMw/viewform

——————————————————-
開催日時:
第3回 2020年12月7日(月)17:30〜21:00

開催方法:
zoomを使ったオンライン開催

タイムスケジュール:
17:30~17:50 ベーシックレポートアワード第3回の発表と表彰
17:50~19:00 パネルディスカッション
19:00~19:30 質疑応答
19:30~19:40 休憩
19:50~21:00 懇親会
※タイムスケジュールは一部変更になる場合がございます。

発起人・幹事:
青木英彦 東京理科大学 経営学研究科 技術経営専攻 教授
奥野一成 農林中金バリューインベストメンツ株式会社 CIO
栗岡大介
佐藤明 株式会社バリュークリエイト パートナー
槙野尚 みさき投資株式会社 エンゲージメント投資 マネジャー「(現在休職し米コロンビア大学ビジネス・スクールに留学中)」
若林秀樹 東京理科大学 経営学研究科 技術経営専攻 教授
(五十音順)

過去の表彰内容:

【2018年受賞レポート】
青木英彦氏 小売業界「完全版:革新の探求~全体最適しかない~」
桂竜輔氏 シャープ「液晶分離後の姿を見据える」
岸本章氏 自動車業界等「2025年の電気自動車アウトルック:電気自動車の緩やかな普及が電池材料不足による混乱リスクを軽減」
甲谷宗也氏 ヘルスケア業界「広義IVD業界~日本医療機器興国論 臨床検査編~」
鈴木克彦氏 運輸業界「トラック同乗第一弾:ラストワンマイルの宅配トラックに同乗」
武田純人氏 IT/金融業界「日本の決済とデータの未来:日本版データ社会の最適解は?」
村田大郎氏 セブン&アイHD「今後のカタリストはSEI。米国CVS業界展望と、SEIの事業機会について考察」
山崎えみ氏 プラント業界「プラントは中国LNG需要拡大に注目、千代田化工をOWへ」
山田幹也氏 日東電工「当意即妙:変化を好機と捉える意志」
劉京元氏 MRO市場「企業を”繋ぐ”無数の商材がオンライン化へ」
和田木哲哉氏 半導体製造装置「半導体製造装置の基礎:2016」
渡邉洋治氏 自動車等「オートテック:EV市場本格化のためには材料市況の高騰が不可欠となるだろ」
(五十音順)

【2019年受賞レポート】
池田篤氏 「半導体材料業界ハンドブック:ウェーハ、レジスト、CMP等の主要材料の最新動向と注目点」
楠木秀憲氏 「総合商社の投資戦略:資源・非資源の問題ではなく、競争力を活かし存在意義を示せる会社を評価」
佐々木翼氏 「ダイキン工業:ダイキン工業は砕けない。特許分析からみる強さと経営課題」
佐藤和佳子 「トイレタリー・化粧品セクター:ワカコの兵法~七計で日本の美に投資せよ」
中名生正弘氏 「精密機器:新技術に対応した中小型銘柄をBuyでカバレッジ」
安井健二 他 「車の次世代開発:コード化された車―自動車バリューチェーンの準備はできているか?」
柳下裕紀氏 「顧客店舗双方向の価値最大化で参入障壁を高みに上げるワークマン」
山田幹也氏、山本義継氏、堀雄介氏 「5G投資の論点整理:ミリ波5Gの普及で本当に『世界が変わる』のは『まだ先』」
西川拓氏 「サブスクリプション型サービスの普及ポテンシャル」
菊地正俊氏 「日本企業の資本コスト意識は高まったか?:改訂コーポレートガバナンス・コードのコンプライ状況の分析」
永井祐一郎氏 「労働市場の構造変化と労働関連株:高齢者や外国人就業、副業や生産性促進関連株を評価」
塩田英俊氏 「対等合併の成功条件:経営統合におけるコンセプト評価基準とは」
(五十音順)